Diary, think

ダンスと音楽と人生と。

もしかして!?が思い浮かんだので書いてみます。

 

近頃ダンスがとっても流行っていますよね。

Tik Tokなどで、ダンスを投稿したりするひとが多いのかな?

 

そこで、ダンスが上手くて定評のある三浦大知くんに

ダンスにキレを出すにはどうしたらいい?

という質問を番組でしていました。

 

そこで三浦大知くんが教えてくれていたのは

 

 

「緩急をつけること」

 

 

でした。

 

 

全部を100%のパワーで踊るよりも

スローにする部分があったり、はやくする部分があったり

緩急をつけると、かっこよくみえる。

 

ーといったことを実践して教えてくれていました。

 

たしかに!

ぱっとポイントがあるほうが、かっこいい!ってなる!

実演できないので、参考映像はありません><

 

 

 

音楽の4拍子の指揮。

 

指揮者のあの手の動き。

合唱コンクールだったり、オーケストラだったり・・・

きっとどこかで一度は見たことあるのでは?

 

 

あの、「いち、に、さん、しー」の動き・・・

 

あの指揮も、緩急がついているんです。

 

数字が大きいほど、強い。

①は、一番強くて重たい感じ。

②で弱くなって

③で、やや強くなる。(①よりも弱い)

そして、④は弱く。

この緩急がどうして大切なのかというと
この強弱がないと

平坦になってしまって
感動のない音楽になってしまうから。なのです。

ずーっと棒読みのような感じかな?

ダンスも、音楽も「緩急」が大切。

ここから浮かんだのが
これは人生も同じなのかな?と!

動きがあるから、ドラマチック。

上の画像の動きでみると

①の平坦さはきっと

「つまんないなぁ。何かいいことないかなぁ」

という口癖を生む・・・気がする。

②は落ち込んでいるときは
悲しい、つらい、って思うだろうけれど

「はぁ〜しあわせ〜〜〜♡」

も味わえるよね。

だから、落ち込んだり悩んだりしているのだって
全然わるくない!
そういうときも、ある。あるある。

ドラマチックな人生を生きているということ♡

そもそも人間って
願いが叶うまでのタイムライグを楽しむために
地球を選んで生まれてきたそうなので

そう考えるとやっぱりこの緩急があるのって
こころが喜ぶことにつながるのかなー
と思って、わくわくしました。

この波が下に落ちちゃったとき、悲しいときに
登るコツをつかめば、この緩急の落ちたときも
きっとこわくない、はず!

2018-11-09 | Posted in Diary, thinkComments Closed