life

I’m going to take it easy now.

空がピンク色に染まっていく時間。夕暮れに。

23日に秋分を迎えて、また新たなスタートでしたね。
秋分はお昼と夜の長さが、春分の日以来また再び同じになるゼロポイントのとき。

今年は潜在意識を表すところ。
こころの声に気がつく、ずっとずっと受け継がれてきたものをみつける。
そういった場所に、たくさんの星があるのが印象的でした。

ここのところ、学びがちょっぴりスローペースになっています。
普段は英語と占星術を勉強していることがほとんど。

不思議なことに、英語のワークのきょうのページが

I’m going to take it easy now.(ここでちょっとスローダウン。)

Some day it’s okay to just do nothing.(がんばらない日があってもいい。)

という例文で。
きょうこの言葉に出逢えたことで
ぴったりのタイミングで届くんだなぁ、ということを実感しました。
先週だったら気にしなかっただろう言葉に、きょう出会えたこと。
奇跡みたいな素敵なこと。

2017-09-24 | Posted in Diary, lifeComments Closed 

 

人生の使命をみつける旅

こんにちは(*^^*)

新しいことに挑戦してみる数ヶ月。

認定エンジェルカードリーダーになり、
ホロスコープを学び、
日本化粧品検定3級の取得〜☆

すこしずつウォーキングもはじめて。

その一方で、お部屋のものをどんどん減らして
お引越し準備中です♪
お引越し日はまだ決まっていません笑

だいすきだった日記を書くことも、ノートを書くことも
いつしか「やらなければいけないこと」に変わっていて
無感動で、ただ書く・・・みたいになっていた日々。

転機は、先月末の新月の日。
4:44にふたご座新月。

この時間に急な体調不良で倒れこんで
その後、急にとても疲れやすくなったりいろいろな不調が出て
・・・
健康のありがたみ、大切なひとがいてくれること、
太陽が昇ること、月が輝くこと、お水を飲めること・・・
あらゆることに感謝のきもちでいっぱい。

感謝が足りなかったなぁ、って振り返って思うの。

検査の結果、からだはとっても健康でお薬もないとのこと。

自分を見つめるいいきっかけになって、
「ありがとう」でいっぱいの毎日になって、
起こるべくして起こるというのは、きっとこういうこと(*^^*)
と実感しました。

自分らしさを極めていく。
これはひとつの、人生の使命ではないかなぁ〜
いろんな経験をして、すこしずつ見つけていく。
きっとそれが「人生の使命をみつける旅」だよねっ(*^^*)

2017-06-08 | Posted in Diary, lifeNo Comments » 

 

Book cover.

20160913_190003
ずっとずっと、グレージュで、やわらかくて、
すっと手に馴染んでくれるようなブックカバーを探していました。

だから、「それ」を一目見てすぐに分かったの。

お買い物をするとき、
こういう色味で、こんなシルエットで、こんな肌触りで素材で・・・
と想像することも多くて、なかなか理想のものに出会わないときもある。
でも、これでいい、という選択は、なかなか私にはできなくて。

大切に、大切に、使おう。
大切だからこそ、そばにおいておく。
しまっておかないの。

2016-09-17 | Posted in lifeNo Comments » 

 

ゆらめき。ときめき。

917
夕暮れを見て美しいと感じたり、この空の色が好きだと思ったり
日々のささやかなことにも、 何か を感じ取れる自分でいたい。

大人になる度に、「これはこういうもの」だと教えられることが増えていって
空は青いもの、太陽は・・・と決まった色を思い浮かべたり。
青にもいろいろな青があって、空にはいろいろな表情がある。

めまぐるしい日々や、もやもやと悩むことがあっても、
何も感じない毎日を送りたくない。

きょうの、いまの空にときめいて、きゅんとする。
わたしはいつも、ときめいていたい。

2016-07-12 | Posted in lifeNo Comments » 

 

モネ展 人生のキャンバス

CgzETSiUgAAmPTl.jpg-large

先日、モネ展へ行ってきました(*^^*)

それはそれはとても感動する時間で、
いろいろなことを考えるきっかけにもなり、
幼い頃に見たモネ展とは、また違う時間になりました。

あまりにも素敵で、日を改めてまた行きました。
Field of Yellow Irises at Giverny  ジェヴェルニーの黄色いアイリス畑(1887)
はお部屋に飾りたくて(*^^*)

込み上げてくる感動を味わいながら、ひとりでのんびりと観て、
そして観終えた後に、ゆっくりとその感動を消化する時間。
どちらも大切。

とっても楽しみにしていたので、訪れる1ヶ月前に
モネのことをすこし調べていました。
好きになったり気になったりすると、コンセプトや背景や
ストーリーがとっても気になるタイプ。笑
食品雑貨商のお父様と、歌手のお母様だそうです。

美術館の温度、匂い、
ぎしぎしと軋む床、焦げ茶色の扉。
何度もその壮大さに包まれた気がして、涙が溢れそうになりました。
色彩の素晴らしさ・・・!!

モネの使っていたパレットを見たときに
赤のすぐ隣に、混ざり合う場所に、青色があったりして
白やオレンジみたいに似た色が隣にないことが衝撃的で!

大人になることで、気付かないうちに
こどものときにはなかった感覚が生まれているんだなあ、と
自分の固定概念のことを考えました。。
知らない間に、この色の隣はこれ、と
新品の色鉛筆のケースの中のように、形作られているのだなと。

これが有名、一押し、人気、と知らなくても
そのレッテルがなくても、
人気の絵は同じなのかな?
ランキングやメディアによって、
「これがすてき」と操作されていないか
わたしがわたしでいられているのか、を考えるきっかけになりました。

絵も、ブルーとピンクが重ねてあったり
ピンクからグリーンのグラデーションがあったり!
でもはちゃめちゃでない、調和が生まれていました。
あの調和はいったいどこから来るんだろう・・・

CguKjK7U8AAAnev.jpg-large
大作「睡蓮」は200点以上あるそうで、
そのうちのいくつかを見ることができました。

「睡蓮」から、人生のテーマを持つことの大切さを教わった気がします。
色や構図、形、タッチによって、全く違う印象を受ける睡蓮は、
ひとつのテーマでも、
切り口はときにより変わって
時間によってその色も変わり、
ひとによって好きな絵が違ったりもする。

ひとはみんなが一緒でなくていい。
モネが作り出した色の世界。
重なりもそう。
人それぞれ、素敵な色を自分のキャンバスに描くように生きている。
みんなそれぞれの感性で、美しい絵を完成させて
その命を終えるのかもしれない。

わたしの絵はどんな色?
どんな色を重ねる?
どんな風景で、どんな時間で・・・

2016-05-07 | Posted in lifeNo Comments » 

 

5. WEDGWOOD ワイルドストロベリーのカップ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お気に入りのカップで

ゆっくり 時間を 味わう。
WEDGWOODのワイルドストロベリーは
母が大好きだったことも影響して、
幼い頃からわたしにとって、ずっと特別でした。

あたたかい飲みものをワイルドストロベリーのカップでお出しする
そんな喫茶店で学生時代にアルバイトをしたり。
クラシックが流れる、ゆったりとした空間。
トロピカルフルーツがベースの紅茶の香り・・・
いつも、うっとりしていました・・・♡

初任給で両親にプレゼントしたのも、このカップ。
たっぷり思い出が詰まったもの。

優しい紅茶の香りと、ゆったりとした時間に想いを馳せる。
時間も味わうように。

 

2016-02-15 | Posted in lifeNo Comments » 

 

キャンディのように。

o0720096013451318157

カラフルなキャンディのように。
甘かったり、ほろ苦かったり、ちょっぴり酸っぱかったり。
特別はちみつとろーりだったり。

いろんな感情を味わえる人生はしあわせ。
深みが増しますよね、きっと♪

ブログを書いていて気が付いたのは
伝えたいことばが先に浮かぶというよりも
まいにちの日常のなかで見たり感じたりしたことを、
写真に乗せて、ことばが舞い降りてくる。
わたしはそんなスタイルのようです。

素材をお借りすることはないし、
これからもそうしたいと思っています(*^^*)
これは、わたしスタイル♡

2016-01-02 | Posted in lifeNo Comments »