think

夢のかけら

Cofbf5SVUAQM-IL.jpg-large

叶えたい夢があるとき。

夢が叶う過程こそ、かけがえのないもの。
歩む過程は、宝物そのもの。
わたしはその過程を、夢のかけらと呼んでいます。
きっと誰かのお役に立てたり
自分をより磨いてくれたり 道しるべになってくれたりします。

2016-07-31 | Posted in thinkNo Comments » 

 

Change!

PicsPlay_1465365883049

 

Change!

変わりたい?変わりたくない?

前向きでいる秘訣は、変化を楽しむこと、だと
どこかで読んだことがあって。

世の中はどんどん、より良くなろうとしていて
大きな箱のような重たいパソコンだって、
ひょいと片手で持ち上げることができるくらいに軽くなったり!
携帯電話でいつでも連絡が取れたり!

どきどきしながら、家の電話にコールすることもなくなって
ほんとうにすごい!発展!!!進化!!!

それを扱うわたしも、すこしずつアップデートできたらなあ、と思うのです。
別人に変化!ではなくて、積み重ねによって。

変化は時に足がすくむけれど、
経験は何物にも変えることのできない、
とてもとても貴重なものだと、わたしは思います。

からだは食べたもので作られるけれど、
瞳に映したもの、聞いた音、言葉、感じたこと。
そのひとつひとつも、からだをつくるもの。

変わること、変わっていくことを恐れずに。
だいじょうぶ。
起こったことにスペシャルな意味をつけることができるのは、
他の誰でもなく、あなた自身なのだから・・・

2016-06-12 | Posted in thinkNo Comments » 

 

10. この瞬間を閉じ込める。

PicsPlay_1463479700477
先日の夕暮れ。
空がピンク!!!
ひさしぶりに、衝動的に写真を撮りました。

写真を撮るようになったきっかけって、
この幸せな空間や、大好きなもの、この瞬間を閉じ込めたい。
そう思ったから。

写真の専門家ではないので、構図や色合いは、はちゃめちゃ。
それでも、四角の中に閉じ込めることに、
どうしようもなく、夢中になる。

さて。
ここからは、別のところに書いたものだけれど、
忘れたくないので、こちらに移しておきます(*^^*)

生活を彩るものって、すてき。

ここのところ、お洋服よりも、おうちのこと・もの、に心が傾いていて
むかしは自分を着飾ったりして、誰かにどう見られるかだとか

これは尊敬する友達の言葉なのだけれど
可愛いお洋服を鎧のように思っている節があって
とびきり可愛いお洋服を身につけていたりしました。

不思議と、「あの頃のわたし」のことを
がんばったね、辛かったね、こころを凍らせていたねって、
抱きしめたくなるような、いまはそんな気持ち。

あのころ、こころを凍らせていた反動なのか
やっぱり最近のわたしは、よく感動して、涙が浮かびます。

眠るとき、穏やかな1日のことを思い返して、じーんとくる日もあれば
起きた素敵なこと、ときめきを思い返して、しあわせで泣きそうになる夜も・・・。

最近のわたしは、感情豊か。
自分のなかの自分を見つけたからかもしれないな・・・

話がどんどん膨らんだーーーー。
論理的に話すことはむずかしくても、
どんどん想像していく、それもワープしたかのような気持ちになったりして!
それがわたしの特技というのか、論理的でない代わり、だということに最近気がついたよ。

2016-05-25 | Posted in thinkNo Comments » 

 

movie

831

 

1日のmovieを作るかのように、
自分主演の1日を過ごしてみる。

どんな設定にしても、いい♪

るんるん、わくわく、こころが踊っても。
のんびり、ゆったり、こころを解放しても。
しっとり、寂しさに向き合っても。

PicsPlay_1462930545827

 

予想していなかったことが起こったり、
それがとってもハッピーなことだったり、
例えば、すこし寂しいことだったりしても、
movieのスパイスになったり。

 積み重なって、人生が一本の映画になる。

わたしは、わくわくする、るんるんする、ときめく
をテーマにすることが多くて
眠る前に必ず手帳やノートに、
その日のときめいたこと、うれしかったことを綴っています(*^^*)

2016-05-11 | Posted in thinkNo Comments » 

 

4

PicsPlay_1454033956736

こぼれ落ちてゆく。

こうして読む本も、
ひとと交わした言葉も、
人生の砂時計の砂も。

どんどん、するすると手のひらをすり抜けてこぼれ落ちてゆく。

だからノートに書き留めたくなるのかもしれない。

 

自分探しなんて名前をつけて、変化を恐れているのかもしれないと
こころのどこかで後ろめたさがありました。
いますぐに答えは出ないけれど、
答えなんてすぐに出るものではなくて、
動いているうちに分かるものなのだといまはそう思います。

この18ヶ月でわたしがどれほどの影響を受けてきたのか。
流されるでもなく、選択してきたのはわたし。
あるひとと出逢って、関わってきたことが、
「いま」のわたしを形成しているのだと思う。

この場所を、特別ポジティブな場所にするでもなく
ネガティブな場所にするでもなく。どちらでもなくて。
想いを書き残していきたかった。
ポジティブっていつもいいことばかりじゃない。
きちんと気が付けるひとでありたい。

青い鳥のお話のように、ほんとはもう持っていて
いちばんそばにあったりするんだよね、しあわせって。

2016-01-29 | Posted in thinkNo Comments » 

 

積み重ねて、抱きしめて、愛おしく想う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都というところは、保守的な街なのではないかと。
30年住んでいるわたしが感じる印象です。

流行りのものが、すこーしタイムラグがあって流行りだしたりします。

景観重視の街だから?と思うほど、
街ゆくひとたちも、シックな色味の方が多いように感じたり。

老舗のお店が多かったり、
ときを刻んで、ときを越えて、愛されているものが多かったり。

それでいて、おそるおそる、新しいことにも手を伸ばしてみる。
共存の得意な街なのではないかと。
でもね、
保守的ながらも自分をよく見つめて
オリジナルに組み替えて取り入れてゆく
これからもどんどん進化する街なのではないかと。

あの建設中かのように感じた京都駅を見たときに
この街の未来を考えることとなりました。
そして、京都駅に行くといつも、創りあげてゆく未来のことを考えます。
そんな街に住んでいるからこそ。

ときを刻んだことによって、積み重ねてゆく。
オリジナルに組み替えながら、取り入れてゆく。
そして、「むかし」も取り込んだ、あたらしい「いま」が出来上がる。

そうして出来上がるものに、魅力を感じました。

それが、「わたし」なのです。
「自分」なのです。
つらい気持ち 悲しい気持ち
うらやむ気持ち 悔しい気持ち

ぜーんぶ積み重ねてきて、
そして「わたし」がどんなひとなのかを認識してきました。

そんな風にして
積み重ねてきたものは全部抱きしめて
そんな自分を愛おしく思って、だいすきでいる♡

自分をすきになることによって、自分のことをしあわせにできると
大切なひとのことも、大切にできるんです♡
こころから愛せるんです♡
そうすると、笑顔が溢れてくるんです♡

積み重ねて、抱きしめて、愛おしく想う。
だからこその、しあわせ。

魔法のひとつぶって、
わたしの積み重ねてきた日々のなか
ちょっとしたことばだったり。
誰かが見てきた世界を切り取った写真だったり。

触れることで、見つけることで、
しあわせが溢れてくるようになりました。
わたしは、魔法のひとつぶをお届けするために、生きています♡
それが生きがい♡

2016-01-01 | Posted in thinkNo Comments »